post by admin | | Closed

千葉で行った親戚の家族葬は小規模だったのに総額60万円。

千葉に住む親せきが家族葬を行ないました。

総額は60万円。

ネットで調べると20万円前後の葬儀プランも多くあります。

価格の相場や内容の良し悪しはどのように認識すれば良いのか考えてみます。

◆千葉で行った葬儀費用の総額60万円は高いか安いか?

葬儀にはいろいろなスタイルがあります。

千葉に住む親せきの家族葬は、安価な公営の会場を借りて葬儀一式を行なったにもかかわらず、葬儀の総費用は60万円ほどかかりました。

「その費用って高いんじゃないの?」という周囲の声もあってネットで調べたところ、あるセレモニー会社の葬儀プランでは家族葬で36万円程度。

これには遺体の納棺から火葬までの一式が含まれています。

仮に公営会館の費用を別途で見込んでも2日間で4万円として40万円という試算になります。

親戚の事例との金額を比較すると20万円もの開きがあります。

◎コラムでちょっと一息つきましょ。まさかの体験ができるらしいです。==>生きているうちに棺桶に入る!?入棺体験が大人気 | 介護のほんねニュース

◆実際の葬儀費用とネット掲載の費用とでは開きがある?

家族葬は家族だけで行う葬儀のことですが、納棺と火葬だけを行う火葬式や通夜を含まない1日だけの葬儀プランなども千葉にあります。

火葬だけのプランなら13万円台、1日だけの葬儀なら家族葬より安価な27万円-28万円といった感じです。

経をあげてくれる僧侶(導師)さんの費用は含まれていませんが、ネットに掲載されている葬儀費用と実際とはかなりの開きがあります。

ネットは実際の費用ではないのか、最終的に契約実施されている費用はいくらなのか、疑問が残ります。

葬儀費用は“その範囲内で収まること”はまずありません。

◆まとめ

予算にはある程度の幅をもたせましょう。

ネットに掲載されている費用は標準的な葬儀費用の一例です。

その金額を参考にすることはできますが、“その費用以内で済む”と考えないほうが良さそうです。

千葉であっても東京であっても、葬儀費用には幅をもたせておきましょう。

Comments are closed.